パット・トーピーは病気?パーキンソン病で死去 死因は?代役はマット・スター

シェアする

パット・トーピーは病気?パーキンソン病で死去 死因は?

ロックファンに訃報

MR.BIGのドラマーのパット・トーピーさん(64)がお亡くなりになりました。

死因は?

死因は詳しくは情報が入ってきてませんが、パーキンソン病による合併症らしい。




2014年にパーキンソン病を公表

パット・トーピーさんは2014年に自身がパーキンソン病であることを公表。

既に通常の演奏ができず、一部サポートメンバーを迎えてレコーディングやライブを行っていた。

昨年、MR.BIGの新作がリリースされたがドラムプロデューサーとして、クレジットされていた。

ユーチューブに昨年、アルバムをリリースされた時の動画がアップされてました。

昨年の4月のパット・トーピーさんの映像

昨年の4月はまだお元気でしたね。

死をまったく感じさせない姿です。

昨年発売されたシングルのpv「Defying Gravity」にもパット・トーピーさんが出演されてます。

パーキンソン病でドラムの演奏ができなくなってもMR.BIGのメンバーであったわけです。

メンバーの結束の強さがうかがえます。

パット・トーピーさんの死はメンバーもとても悲しいでしょうね。

家族とメンバーはこの辛い時期、プライバシーを尊重して欲しいと依頼している。

ご冥福をお祈りします。




代役はマット・スター?

パット・トーピーさんが演奏できなくなってから、MR.BIGにドラマーとして代役で参加していたのはマット・スターというドラマーです。

アメリカのニュージャージ州出身で、KISSのギタリスト、エースフレーリーのバンドのサポートメンバーなどを経験しているドラマーです。

サポートメンバーとしてレコーディングやライブに参加してましたが、このまま正式なドラマーとしてMR.BIGに参加するかもしれませんね。

パット・トーピーさんの死によってバンドが解散ということにならなければ、おそらくマット・スターさんMR.BIGのドラマーになるかも。

パット・トーピーさんって64歳だったんですね。

意外に年齢がいっていたので驚きでした。

インぺリテリ、MR.BIGでのハードなドラムにしびれたロックファンも多いはず。

テクニシャンというより、堅実なロックドラマーという印象のパット・トーピーさんのドラムでしたが、ハードでポップな要素のあるMR.BIGのサウンドにとてもマッチしたドラムでした。

もうパット・トーピーさんの演奏を聴けなくなると思うと寂しいですね。

改めてご冥福をお祈りします。

最高の音楽を、ありがとう!!






フォローする