ハロルド・ジョージ・メイ 経歴、生年月日 日本語ペラペラらしい

シェアする

玩具メーカーのタカラトミーの社長の、ハロルド・ジョージ・メイ氏が社長を辞任するそうだ。

経営不振で赤字経営だったタカラトミーをV字回復させたことで、経済界で一躍注目された人物。

そんな敏腕社長のハロルド・ジョージ・メイ氏の気になるのが生年月日や経歴。

噂によると日本語がペラペラなのだとか。

ハロルド・ジョージ・メイの生年月日、経歴

ハロルド・ジョージ・メイ氏の生年月日は1963年12月4日。

現在53歳。

生年月日を知って驚きました。まだ53歳です。

2014年にタカラトミーに入社した時には経営顧問として入社。

後に2015年には社長にまで登りつめるわけですが、短い期間に社長に就任するほどの優秀なビジネスマンのハロルド・ジョージ・メイさん。

そして、気になるのが、過去の経歴。

1963年にオランダで生まれる。

幼少期に、日本、アメリカ、インドネシアなど母国以外での国で長期に過ごした経験があるそうだ。

ニューヨーク大学院卒業後にハイネケンジャパンに就職したのは1987年のこと。

その後、オランダとイギリスに拠点を構える日本リーバ、大阪に本社を置く日本企業のサンスターと渡り歩き、2006年に日本コカコーラ副社長兼マーケティング本部長とし日本コカコーラに入社。

2007年から日本で販売が開始された「コカコーラゼロ」のPRに大きくかかわった。




タカラトミーに入社後の経歴や功績

そして2014年に、タカラトミーに経営顧問として入社。

副社長兼COO兼海外事業統括本部長。

2015年に代表取締役社長兼CEOに就任。

創業家以外の人物がタカラトミーの社長に就任するのは初。

創業家に認められるほどの人材だったようですね。

タカラトミーは海外への事業展開で海外企業を買収。

しかし海外ユーザーの嗜好をつかむことができず、海外事業は慢性的な赤字が続く。

経営不振に喘ぐタカラトミーを変革するべく、入社したのがハロルド・ジョージ・メイさん。

世の中がデジタルに変わっていく中、タカラトミーは商品も売り方もアナログ100パーセントだったそうで、「商売下手」で知られるメーカーだったそうです。

ハロルド・ジョージ・メイさんが経営に携わるようになり、PRにツイッターやユーチューブを使用するなど改革を行ったそうだ。

そして

・0歳から100歳を対象に考える「エージレス」

・日本だけを見ず、ネーミングをはじめ世界で売れるように設計する「ボーダーレス」

・商品は発売して終わりではなく、進化を続ける「エンドレス」

キーワードをもとに社員の意識改革に成功。

そして平社員と管理職との階層を減らして、若い社員の意見を多く取り入れる体制を作った。

ハロルド・ジョージ・メイさんは、タカラトミーの古い経営体質を、外資系の会社から得たノウハウで赤字経営のタカラトミーの社員の意識改革を行い、積極的に宣伝することでヒット商品も次々に生む。

海外事業も利益率の低い商品を撤退、リストラを行うなど海外事業を整理した結果、2017年には海外事業の黒字化に成功。

そして、「自分の役割を達成することができた」として12月末に辞任することを発表。

ハロルド・ジョージ・メイさんの辞任で、今後のタカラトミーの経営を市場は不安視し、株価は下がったそうだ。

ハロルド・ジョージ・メイさんの後任は副社長の小島一洋氏が就任するそうです。




次期社長の小島一洋氏の経歴

小島一洋氏の経歴ですが

三菱商事→丸の内キャピタル執行役員を経て、

2009年、タカラトミー社外取締役、

2012年、常務に就任

2013年、取締役常務執行役員

2017年、取締役専務執行役員→副社長

2018年、社長に就任

とのこと。

そして、ハロルド・ジョージ・メイさんの今後ですが、まだ発表されてません。

おそらく次のステージが準備されているのでしょうね。

外資系企業出身の経営者は、いろんな会社の社長を歴任する人が多いですよね。

結果を出したら、次の会社で結果を、そしてまた別の会社へ渡り歩く人が多いです。

ハロルド・ジョージ・メイさんの次は、どこの会社の経営に携わるのか注目が集まります。

日本語がペラペラ?

ハロルド・ジョージ・メイさんって実は「日本語がペラペラらしい」、ということで調べた見ました。

ユユーチューブにこんな動画が。

これだけ日本語を話せるって、ほとんど日本人ですよね。

1987年の大学卒業後にハイネケンジャパンに就職してから、外資系企業に入社して日本で働いているようなので、約30年ほど日本で生活してることになります。

下手な日本人よりは日本語が流暢ですよね(笑)

欧米のマインドを持ちつつ、土着的な日本の文化にも精通したハロルド・ジョージ・メイさんだからこそ、タカラトミーを黒字化できたのかもしれませんね。

今後、多くの日本企業がグローバル化に進んでいくと思われますが、ハロルド・ジョージ・メイさんの力を借りたい企業はたくさんあるでしょうね。






フォローする