ミスマガジンの歴代受賞者に衛藤美彩?オーディション2018の詳細は?

シェアする

ミスマガジンが7年ぶりに復活するそうだ。

歴代の受賞者から斉藤由貴さん、細川ふみえさん、中川翔子さんなど有名なタレントや女優を輩出した名門のマガジン系ミスコンテスト。

2012年より講談社が新たなオーディション企画「ミスiD」を立ち上げたことで、ミスマガジンは一旦終了しました。

2018年2月上旬よりオーディションが始まる予定。

グランプリに選ばれると、講談社から写真集の発売が約束される。




2011年最後のグランプリは乃木坂46の衛藤美彩

ちなみに2011年の最後のミスマガジンは乃木坂46の衛藤美彩さん(24)。

衛藤美彩さんは大分県で高校一年の時からモデルをされてたそうですが、高校を卒業後にスカウトされて上京。

そして2011年の最後のミスマガジンでグランプリ。

その年に乃木坂46のオーディションに合格。

そして、ミスマガジンのグランプリで約束されていた写真集の発売。

ミスマガジンのグランプリ受賞から乃木坂46という絵にかいたような成功ストーリーを経験している。

現在は乃木坂46の活動だけでなくファッションモデルの仕事もされてます。

ちなみに、衛藤美彩さんのヤングマガジングランプリによる写真集はこんな感じです。

衛藤美彩の写真集




ミスマガジンの歴代ってどういう人がいるの?

さて、マガジン系のミスコンの名門、歴代のミスマガジンの受賞者には、どういう方がいるのでしょうか。

今現在も芸能界で活躍されてる方、いろいろスキャンダルで騒がせた方も・・・。

第1回 1982年 伊藤麻衣子
第2回 1983年 加藤香子 石川京子
第3回 1984年 斉藤由貴
第4回 1985年 八木さおり
第5回 1986年 遠藤晶
第6回 1987年 仲地さより
第7回 1988年 山内小百合
第8回 1989年 江崎まり 中村通代
第9回 1990年 細川ふみえ

1990年で一旦、ミスマガジンは終了してます。

そして1996年よりヤングマガジン(講談社)のミスコンとしてミスヤングマガジンが立ち上げられ2000年まで続く。

2001年より少年マガジン、ヤングマガジンの共同企画としてあらたにミスマガジンが復活!

グランプリ、ミスマガジン、ミスヤングマガジンが同時に選ばれるミスコンとして出発。

ミスマガジン2001 グランプリ:加藤未央
ミス週刊少年マガジン:中川愛海
ミスヤングマガジン:川崎真実
ミスマガジン2002 グランプリ:和希沙也
ミス週刊少年マガジン:中川翔子
ミスヤングマガジン:安田美沙子
ミスマガジン2003 グランプリ:岩佐真悠子
ミス週刊少年マガジン:瀬戸早妃
ミスヤングマガジン:夏目理緒
ミスマガジン2004 グランプリ:小阪由佳
ミス週刊少年マガジン:星野飛鳥
ミスヤングマガジン:原田桜怜
ミスマガジン2005 グランプリ:北乃きい
ミス週刊少年マガジン:鈴木美生
ミスヤングマガジン:小林ユリ
ミスマガジン2006 グランプリ:倉科カナ
ミス週刊少年マガジン:松井絵里奈
ミスヤングマガジン:仲村みう
ミスマガジン2007 グランプリ:鹿谷弥生
ミス週刊少年マガジン:中島愛里
ミスヤングマガジン:あいか
ミスマガジン2008 グランプリ:桜庭ななみ
ミス週刊少年マガジン:佐藤さくら
ミスヤングマガジン:中川美樹
ミスマガジン2009 グランプリ:小林さり
ミス週刊少年マガジン:菊里ひかり
ミスヤングマガジン:荒井萌
ミスマガジン2010 グランプリ:新川優愛
ミス週刊少年マガジン:清水富美加
ミスヤングマガジン:川嶋麗惟

ミスマガジン2011 グランプリ:衛藤美彩
準グランプリ:綾乃美花
ミス週刊少年マガジン:秋月三佳
ミスヤングマガジン:朝倉由舞

個人的に「へぇー」だったのが清水富美加さんもミスマガジンだったのと、アダルトに転身した仲村みうさんもミスマガジン出身だったんですね。

それと思い入れがあるのは、やっぱり伊藤麻衣子さん、斉藤由貴さん、八木さおりさん、細川ふみえさんかな。

初期のミスマガジンのほうが個性的な人が多かったような気もしますが・・・・。

これも時代性でしょうか。

ちなみに1988年の第7回の準グランプリにさとう珠緒さんがいます。




ミスマガジン オーディション情報

ミスマガジンのオーディション情報は、特設サイトにて公表されてます。

WEBと郵送でエントリーシートを事務局に送る形になってます。

ミスマガジン2018開催 概要

「ミスマガジン2011」活動終了から約5年。
長い沈黙を破り、”ミスマガ”がパワーアップしていよいよ復活!
まだ芸能界デビューしていない”原石”はもちろん、個性と可愛さを備えた”グループアイドル”、存在感に満ちた”女優の卵”、モデル+グラビアの”モグラ女子”などから、「新時代のビジュアルクイーン」を大発掘!
今までの経験は不問。さらに、現在の活動とも兼任可能。グラビアだけでなく、ドラマやバラエティで活躍できる女優やタレントを目指すあなたを、数々の有名タレントを輩出してきたヤングマガジン&週刊少年マガジンが強力バックアップします!

応募資格

●1994年4月2日~2003年4月1日生まれの未婚の女性(ただし、未成年の方は保護者の同意が必須)。国籍は不問ですが、審査は日本語で行います。
●芸能活動歴や経験は不問。現在所属している芸能事務所やグループがある方も兼任可(ただし所属事務所や所属グループの同意が必須。現活動と「ミスマガジン2018」としての活動を並行してできる時間がある方に限る)。
●水着でのグラビア撮影、およびその写真・ムービーを雑誌・ネット・アプリに掲載可能な方。
●下記の「ミスマガジン2018」審査に参加が可能な方。また、グランプリ決定後の活動に参加可能な方(『ヤングマガジン』『週刊少年マガジン』グラビア撮影、ライブ配信・ネット放送等番組出演、演技レッスン、ショートムービー製作等を予定)。

スケジュール 審査方法

エントリー締め切り
2018年1月31日(水)

第一次審査「エントリーシート審査」
2018年2月上旬

第二次審査「スチール&ムービーカメラテスト」
3月中旬

セミファイナル「ベスト16発表&読者投票」
5月

2018年夏 栄えあるグランプリ大発表!!!
グランプリには副賞として、
ヤングマガジンから写真集発売権をプレゼント!

注意事項
※応募書類は返却致しません。
※各審査結果は通過者にのみ連絡させていただきます。
※メールでの応募受付はしておりません。かならずWebエントリーフォームか、エントリーシートの郵送でお応募ください。
※「ミスマガジン2018」事務局では、電話やメールなどによる合否に関してのお問い合わせにはお答えできません。
※お送りいただいた応募書類・フォームの内容は選考以外の目的で使用することはありません。
※プライバシーポリシーについてはこちらをご確認ください。

応募詳細はミスマガジン2018特設サイトで→http://miss-maga.jp/






フォローする