キモイ芸人ランキング?一覧 鉄壁はこの人達でしょ。

シェアする

芸人がテレビに出ない日はありません。

テレビでは必要不可欠な人材、それは芸人。

その中でも注目されるのが、キモイ芸人。

最近は明らかに狙ってキモイ芸人を演じてる人が増えましたが・・・。




鉄壁!キモイ芸人ランキング?一覧

キモイ芸人というだけで注目されても、実際はそれだけで評価はできないのが本当のところ。

芸人として実力が備わってこそ、真のキモイ芸人。

では私的なキモイ芸人ランキング?です。

というか一覧とでも言ったほうがいいですね(笑)

キモイ芸人ランキング

1 日村勇紀 (バナナマン)
2 山里亮太 (南海キャンディーズ)
3 岩尾望 (フットボールアワー)
4 箕輪はるか(ハリセンボン)
5 井上裕介(NON STYLE)
6 三浦マイルド
7 マンボウやしろ
8 江頭2:50
9 アンガールズ
10 出川哲郎

ランク外

11 ガリガリガリクソン

12 斉藤司(トレンディエンジェル)

13 高木晋哉(ジョイマン)




とりあえず私がキモイと思った芸人をランキング形式で一覧にしてみました。

1位から4位は初めて見たときに本当にキモイと思いました。

1位の日村勇紀 (バナナマン)はもう言うまでもありません。

消えることなく、今でもテレビで活躍されてます。

井上裕介(NON STYLE)のナルシストもキモイですよね。容姿というよりむしろナルシストという人間性かキモイというか。

8位から10位は江頭2:50、アンガールズ、出川哲郎のベテラン勢ですが、ランク下位にしたのは、明らかに芸人、タレントとして認知され定着されすぎましたよね。

ジャンルを確立してしまうと、キモさが薄まってしまうんですね。

キモイ芸人を作りすぎ?

ランク外のガリガリガリクソン、斉藤司(トレンディエンジェル) 高木晋哉(ジョイマン)、ちょっと存在感が微妙。

十分存在だけでもキモイのに、キャラクターを作りすぎですね。

狩野英孝、ピスタチオなども思い当たったのですが、この人たちもキモイですが、作った感じが否めない。

まとめ

年々、新しい芸人さんが続々とデビューされますが、やはり残る人は実力を伴ってますよね。

芸人で注目されるうえでブサイク、キモイというのは武器になりますが、(キモイ)と(実力)を兼ね揃えた芸人さんってほんの一握りです。






フォローする