平昌五輪 開催危機で中止決定?理由は北朝鮮?

シェアする

2018年2月にの韓国で開かれる平昌五輪。

韓国側の諸問題から開催危機がささやかれてる。

開催に関して現在も不安視されており、もしも中止決定になれば前代未聞であり、韓国という国の信用問題につながります。

開催危機に伴う理由に、朝鮮有事が挙げられますが、朝鮮半島で現在のような緊張が高まる以前から、韓国側の問題点は多く挙げられていました。

平昌五輪 開催危機 理由は北朝鮮?

平昌五輪ですが、12月に入ったあたりから、チケットの購入を確約してる業者からのキャンセルが相次いでいるそうです。

来年の2月に開催される本番までに、諸問題がクリアでき、無事五輪が開催されるのかも不安視されており、最近の朝鮮半島情勢の不安定なことなど、平昌五輪目的に韓国に観光で訪れる予定でいた人達が訪韓を取りやめているそうです。




開催危機の理由の一つに北朝鮮問題

現在、アメリカと北朝鮮がいつ戦争が起こってもおかしくないくらい緊張状態に包まれる朝鮮半島。

そんな時期に、韓国で開かれる冬季五輪。

正直、まともな人だったらわざわざ、そんな危険な状況の朝鮮半島にある韓国に行かないですよね。

韓国は不幸なことに五輪開催の時期と、朝鮮半島の不安定な時期が重なってしまったことで、ますます平昌五輪のチケットが売れなくなったわけです。

五輪開催時に北朝鮮がなんらかの行動に出る可能性も考えられるので、本当に危ないと思います。

それと北朝鮮の張雄IOC委員が、ペルーで開かれた会議の場で「平昌オリンピックの安全は保障しない」と発言したことも、平昌五輪の開催の危機でもあります。

韓国と日本はそれほど離れた国ではないので、朝鮮半島の情勢が不安定ではなかったら、日本人も多く訪れていたでしょうし、世界各国からも韓国に訪れる人も多かったはず。

朝鮮半島で五輪開催前に、なんらかの軍事行動があれば各国も選手を韓国に送ることはないでしょう。

北朝鮮のさじ加減ひとつで、平昌五輪の火災ができなくなるわけです。

ソウル五輪の一年前に大韓航空機爆破事故

韓国では1988年に行われたソウルオリンピックがあります。

この前年の1987年に、偽造パスポートを使い日本人に成り済ました北朝鮮の工作員によって、飛行中の旅客機の大韓航空機が爆破されたテロ事件がありました。

この事件は金正日の「ソウルオリンピックの韓国単独開催と参加申請妨害のため大韓航空機を爆破せよ」という命令で行われたテロだったようです。

韓国のソウル五輪の開催に絡んで、北朝鮮のテロが行われていることから、今回の平昌五輪の開催に絡んで何らかのテロがある可能性もなきにしもあらず。

現在の若い指導者の金正恩政権になってから正直なところ、何をしてかすか予測がつきません。

それと、朝鮮戦争はまだ終わってないのです。

停戦しているだけで、朝鮮戦争は現在も続いています。

大韓航空機事故のこと考えると、怖くて韓国には行けません。

現在は北朝鮮の妨害の可能性だけでなく、北朝鮮とアメリカの緊張も絡んでるわけですから。

開催危機ですよね。




開催危機の理由の一つにロシアの不参加 ドイツ、フランス、オーストリア、アメリカも?

韓国の平昌五輪の開催危機に関する要因の一つにロシアの平昌五輪不参加の問題があります。

ロシアが2014年のソチ冬季五輪で、国家ぐるみでドーピングを行っていたことに対する国際オリンピック委員会の制裁で、ロシアは平昌五輪に出ることはできなくなりました。

ロシアというと寒い国なので、ウィンタースポーツでは優秀な選手が多いです。

特に冬季五輪の花形競技のフィギュアスケートでは、有名なロシアの選手が多くいます。

レベルの高いロシア選手が不参加となると、冬季五輪の楽しみも半減しますよね。

当然チケットの売れ行きも悪くなり、客入りも見込めなくなります。

つまり韓国に訪れる外国人が減るわけです。

開催しても大赤字ということです。

それと、現在の不安定な朝鮮半島での五輪には、ドイツ、フランス、オーストリアが「安全が保障されなければ不参加」と示唆する発言もありました。

そしてアメリカ側にも「アメリカ選手の参加については、正式決定していない」と不参加も思わせる発言があります。

ウィンタースポーツで優秀な選手が多いロシア、ドイツ、フランス、オーストリア、アメリカが出場しないとなると、見どころがなくなるような気もします。

平昌五輪は来年の2月です。

本当に開催できるのだろうか?




平昌五輪の開催危機は昨日今日始まったことではない?

平昌五輪の開催が決まった2011年の翌年以降から五輪開催に関して多くの問題が浮上。

・招致プレゼンテーションの際、招致委員会が仁川国際空港(仁川広域市) – 平昌間を68分で結ぶ高速鉄道路線を建設することを発表した。しかしこの建設に10兆ウォンの費用が必要となる上、オリンピック終了後の需要が少ないとして韓国政府が高速新線の建設計画を白紙化した。

・温暖化に伴う気温上昇により年間積雪量が減少しており、雪不足対策が必要との意見があがっていた。

・昌五輪の開・閉会式場は屋根のない野外会場で、開会式は少なくとも5時間強風にさらされ、体感温度がマイナス12~25度まで下がる可能性があると指摘されている。

・2015年2月9日、国際スキー連盟のカスパー会長は、アルペンやフリースタイル、スノーボードのテスト大会を予定通りに2016年に実施するのは不可能との見通しを示し、「財政をめぐる政治的なバトルが背景にあり、約束していたことが何も実現しない」「(準備は)極端に遅れており、回答されていない疑問や解決されるべき問題がたくさんある。来年までに解決できるのか、深刻な疑問を持っている」と指摘。

2017年以降には、

・オリンピック会場周辺の宿泊施設の不足が指摘されている。開催都市の観光ホテル、コンドミニアムの収容人数が絶対的に不足しており、多くの来場者が宿泊の為に周辺都市に移動せざるを得ない。また、その影響で周辺のモーテル価格まで高騰しており、大会期間中1泊70万ウォン(2017年12月19日のレートで約7.2万円)もするモーテルまで現れている。

・2017年12月1日頃からチケットを確約していたある業者が強制キャンセルしトラブルが発生している。

中止決定?

数年前から平昌五輪開催に関しては問題が指摘されていました。

それと、韓国本土へのTHADミサイル配置に関して、韓国は中国から経済制裁されていたこともあり資金不足のようで、最近では簡易的に作られている、開会式場の安全対策について話題になりました。

数年前から多くの諸問題が浮上、中国の経済制裁、北朝鮮問題などから本当に平昌五輪を開催してもいいの?と不安になります。

もう今さら遅いでしょうけど・・・。

っていうか数年前からヤバいことはわかっていたのに、なんで止められなかったのだろう。

思えば2011年頃って、韓国の経済はとてもよかったし、サムスン、現代自動車も元気で韓国経済も調子がよかったことから、韓国政府も何とかなるって思ってたんでしょうね。

しかし、今はどうでしょう。

土壇場になって中止決定もあるのでは?

こんな状況の韓国の平昌五輪に行きたい人います?

北朝鮮の張雄IOC委員が「平昌オリンピックの安全は保障しない」とコメントしてますよ。

それにアメリカと北朝鮮の緊張が日に日に高まってます。

選手も参加したいと思ってるのかな?

いまの状況下だと不参加を表明する国が土壇場に出てくるかも。

中止決定するには、もう遅いか・・・・。

平昌オリンピックはオリンピック史上記録に残る、散々たるオリンピックになりそうですね。






フォローする