弥吉淳二(椎名林檎の元旦)死去 死因は癌?離婚の理由は?

シェアする

弥吉淳二(椎名林檎の元旦)死去

椎名林檎さんの元バックバンドのギタリストで椎名林檎さんの夫でもあった弥吉淳二さん(49)がお亡くなりになったそうで。

1月26日に入院先の病院で死去。

亡くなるまでの2年間の間、闘病生活を送っていたそうだ。

椎名林檎のバックバンド・虐待グリコゲンの二代目ギタリストを務め、2000年11月に椎名林檎さんと結婚。

一男をもうけるが、2002年1月に離婚した

弥吉淳二さんの過去にサポートしたアーティストは

aiko
阿部真央
川村かおり
吉川晃司
清木場俊介
古明地洋哉
椎名林檎
白鳥マイカ
田村直美
LOST IN TIME

他に作曲・編曲・プロデュースも行っていたそうです。




弥吉淳二さんの死因は?

弥吉淳二さんの死因は所属事務所では「公表を差し控えます」とのこと。

公表を差し控える理由ってあるんでしょうか?

公表してなにか問題があるって、自ら命を絶ったとかそういうことでしょうか?

2年間の闘病生活を送っていたってことは、闘病疲れとか・・・・・

ツイッターにこのような情報が流れてました。

こちらのツイッター情報では、弥吉淳二さんの死因が膀胱癌と書かれてます。

この情報が公式の情報をもとにつぶやかれたものなのかは定かではありませんが、すでに一部の音楽ファンの間では知られた事実だったのかもしれません。

直接の死因が膀胱癌なのか、闘病疲れ?なのか・・・・

所属事務所が公表しない、ってやっぱり気になりますよね。




椎名林檎との離婚の理由は?

さて弥吉淳二さんが椎名林檎さんと結婚したのは2000年11月。

出会いは椎名林檎さんのバックバンドに参加したことがきっかけとのこと。

二人は一児を授かったが2002年に離婚。

離婚の理由は、なんと椎名林檎さんの不倫なのだとか。

そして夫婦関係がぎくしゃくしたそうです。

そもそも、弥吉淳二さんとの結婚も椎名林檎さんの略奪婚だったらしい。

弥吉淳二さんが前の嫁さんとの離婚が成立した数か月後に二人は結婚したそうだ。

椎名林檎さんって、音楽性から硬派な人なのかと思ったのですが、自由恋愛の人だったんですね。

椎名林檎さんと弥吉淳二さんの離婚理由を知って椎名林檎さんのイメージが少し変わりました。

現在、椎名林檎さんは映像ディレクターの児玉祐一さんと結婚されて、二人の間には子供がいます。

それと弥吉淳二さんとの間に授かった子供は椎名林檎さんに親権があるそうな。

しかし、アーティストの恋愛って落ち着かないですよね。

それと弥吉淳二さんですが、亡くなられるまでの2年間の闘病生活って、音楽に打ち込むこともできず辛かったでしょうね。

それを思うと胸が締め付けられる思いがします。

ご冥福をお祈りします。






フォローする