矢沢永吉ライブCD交換の本当の理由 郵送先の住所は?

シェアする

矢沢永吉さんに前代未聞の伝説が!

なんと過去に発売されたライブCDが気にくわないということで再リミックスして発売しなおすそうだ。

旧盤と新リミックス盤を無償で交換するらしい。

今回のことに本当の理由ってあるの?

交換は、東京・赤坂のオフィシャルショップ「DIAMOND MOON」受け付けるそうですが郵送にも対応してるとのこと。

オフィシャルショップ「DIAMOND MOON」の住所は?

矢沢永吉ライブCD交換の本当の理由

問題のライブCDは『LIVE HISTORY 2000~2015』です。

矢沢永吉さんが自らリミックスを手掛けて、2016年の7月に発売されたライブCDです。

昨年から今年にかけて矢沢永吉さんはアメリカで休暇を過ごした。

そのアメリカでの休暇中に自身の『LIVE HISTORY 2000~2015』を聞いたそうだ。

最初は「最高!」って思って聞いていたそうだが、次第に不満点が見つかったそうです。

そして帰国後に早速スタジオに籠って自ら32曲ミックスをやり直したという。

そして矢沢永吉さんは「矢沢のわがまま」と称して「よいものを残したい」というアーティストの欲求に駆られて、今回の旧盤のCDと新盤のCDの交換という前代未聞の行動に移った。

すでに販売されているものを新たに入れ替えるだけでも、大変なのにすでにライブCDを購入したファンのものまで無償で交換です。

いやはやこれはなんともすごいことやってのけます。

今後出荷されるCDは新たなリミックス盤に差し替えられます。




矢沢永吉のCD交換の本当の理由は?

矢沢永吉さんの今回の前代未聞のライブCDのリミックス盤への交換の本当の理由ってあるのでしょうか?

ニュースで報じられてる、内容だけでも十分に理解できることなのですが・・・。

今回の、「矢沢のわがまま」には莫大な費用もかかるでしょうし、それだけでなく、スタッフにも迷惑がかかりますよね。

普通ならありえないことですし、普通は「次に活かそう」で終わります。

しかし、矢沢永吉さんは、今後出荷されるライブCDはリミックス盤に差し替え、おまけにすでに旧盤を購入した人には無償で交換するということまでするわけですから、金銭的な損失も大きいはず。

矢沢永吉さんがそこまでしてまでやる理由って、矢沢永吉さんが真のアーティストであることが本当の理由なのでしょう。

アーティストなら「よいもの残したい」と気持ちはみんな持ってると思いますが、それに対する執着度が並みのアーティストとは違うんですね。

『LIVE HISTORY 2000~2015』は発売のあの時点ですでに矢沢永吉さんにとって最高の出来だったはず。

しかし真のアーティストの矢沢永吉さんは常に向上心があるので、現在の矢沢永吉さんの耳には満足する出来栄えのものではなくなっていたようです。

矢沢永吉さんが過去に発売したスタジオアルバムではリミックスして再発という話は聞いたことないし。

今回のリミックスして再発売はライブアルバム。

そこに矢沢永吉さんのライブに対する思い入れというのが今回の行動で見えてきますよね。

2000年から2015年のライブの集大成ということで、やはりだまって見過ごすことはできなかったみたいですね。

しかし、今回の前代未聞の出来事も、矢沢永吉さんだからできることでしょうし、並みのアーティストなら許されることではありません。

干されちゃいますよね(笑)

矢沢永吉さんのアーティストとしてのデカさを痛感するし、経済的な損失が伴っても、それをやってのける理由が矢沢永吉さんはあったのでしょう。

本当にすごい。

すでにファンのもとに届けられた旧盤の交換も無償で対応の本当の理由は、矢沢永吉さんが真のアーティストということ、それとファンには嘘をつきたくないという思いが理由では?って思います。

矢沢永吉さんが、休暇中のアメリカで聞いた自身のライブアルバムの『LIVE HISTORY 2000~2015』ですが、アメリカという異国でリラックスした中で聞いたことで、日本にいると覚醒しきれない感情が覚醒したのかも。

アメリカは空気も乾燥してるし、ロックの本場でもあるわけです。

そういう場所で改めて聞くと違ったサウンドに聞こえたのかも。

ちなみにツイッターに矢沢永吉さん自身が、この件で動画で告知されてます。




『LIVE HISTORY 2000~2015』の旧盤の交換場所は?

ニュース報道ですでに告知されてます。

・東京・赤坂のオフィシャルショップ「DIAMOND MOON」で旧盤(CD2枚組)との無償交換に応じる。

・購入場所は問わず、レシートも不要。

・交換対応期間は3月9日正午~6月3日閉店まで。

・送料自己負担(800円税込)で郵送対応も行われる。

とのこと。

郵送も受けつけるっていうのも凄いですね(笑)

東京近郊にお住まいの方は、オフィシャルショップ「DIAMOND MOON」に行かれるほうが手っ取り早いです。

地方在住のかたは、これをきっかけにオフィシャルショップ「DIAMOND MOON」に行かれるのもいいかも。

オフィシャルショップ「DIAMOND MOON」にはバーなどもあるようで、ドリンクやアルコール、フードもあるそうなので、他のファンの方との交流もあるかも。

オフィシャルショップ「DIAMOND MOON」のアクセスや住所(郵送先?)

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂7-4-8

交通:都営大江戸線 / 東京メトロ半蔵門線 / 銀座線
「青山一丁目駅」南青山4番出口より徒歩7分

営業時間:Shop:11:00~23:00 / Cafe&Bar 11:00~23:40
※ラストオーダー 〜23:10

電話:03-3587-9760

郵送で交換を希望の方は、電話で事前に確認したほうが無難だとお思います。

しかし、ファンの心理にしてみると旧盤と新盤のライブCDを両方持っていたいでしょうね(笑)

無償交換に応じる矢沢ファンがどれだけいるのやら・・・・・

結果的にファンは2枚所有することになると思いますよ。

ファンにしてみたら、じっくり聞き比べたいでしょうし(笑)






フォローする