佐川氏の経歴 問題は終わったか?年齢の割に若く見える

シェアする

森友学園問題ですが、キナ臭い方向に進んでますよね。

文書の書き換え問題を報道した朝日新聞ですが、てっきり捏造記事だと思ってたのですが、財務省も書き換え認めました。

森友学園の問題で交渉にかかわってた、近畿財務局の職員が自らこの世を去ってしまったりで、3月9日に国税庁長官の佐川宣寿氏が辞任しました。

佐川氏が辞任したからと言って問題は収まるどころか、逆に野党の安倍政権への追及が激しくなるでしょうし、麻生財務大臣も下手すりゃ、財務大臣を辞任に追い込まれる可能性が高い。

佐川氏が辞任した報道で、初めて佐川氏の年齢を知ったのですが、現在60歳なんですね。




佐川氏の経歴

佐川氏 経歴

森友学園での国会の答弁の頃の佐川氏は確か理財局長でしたよね。

昨年7月にで国税庁長官に出世して、反安倍政権の人達から疑問視されてましたが・・・。

当時野党から多くの追及を受けてる中で、国税庁長官に任命されたってことは、かなりのやり手の官僚だったようです。

佐川氏が辞任した後の麻生財務大臣の会見で、記者から任命責任を問われたときに、麻生財務大臣は即答で佐川氏の任命は間違ってなかった旨をコメントした。

麻生財務大臣からの信頼が厚かったようです。

会見での麻生財務大臣の狼狽した表情が物語ってましたね。

さて、そんなエリート財務官僚の佐川氏の経歴を抜き出してみました。

・福島県 平市(現在のいわき市)生まれ。

・平市立平第一小学校卒業。

・いわき市立平第一中学校で卒業。

・高校は公表されてませ。

・1982年、東京大学経済学部卒業、大蔵省入省[4]。

・1984年、大阪国税局調査部。

・1987年、名古屋国税局高山税務署長。

・1998年7月、近畿財務局理財部長。

・2001年、財務大臣秘書官。

・2004年、財務省主計局主計官。

・2008年、主税局総務課長。

・2010年、財務省大臣官房審議官(主税局担当)。

・2011年7月1日、東日本大震災復興対策本部事務局次長。

・2012年2月10日、復興庁統括官付審議官。

・2013年6月28日、大阪国税局長。

・2014年7月、国税庁次長。

・2015年7月7日、関税局長。

・2016年6月17日、理財局長。

・2017年7月5日、国税庁長官(第48代)。

・2018年3月9日、麻生太郎財務大臣により懲戒処分(減給20%3ヶ月)。同日、依願退官。

出身地いわき市の「いわき応援大使」を務めている。

東大卒のエリート官僚そのものっていう感じ経歴ですよね。

住んでる世界が全く違う人達で、こういう人達がの日本を動かしてるのかぁ、って妙に感心してしまいます。

気になったのが、

1984年、大阪国税局調査部。

1998年7月、近畿財務局理財部長。

2013年6月28日、大阪国税局長。

と、関西とのつながりも深いんですね。

その中でさらに気になるのが、1998年には近畿財務局理財部長であったこと。

財務官僚の上の人間でもある佐川氏がなんで近畿財務局がらみの問題で取りざたされたのか不思議だったんですが、こういうことだったんですね。

野党が激しく追及するのも理解できました。

財務官僚のトップまで登りつめた佐川氏ですが、近畿財務局の理財部長の経験から近畿財務局の内部にも精通していたことになる。

なんか闇が深そう・・・・。




佐川氏の問題は辞任で終わらない

佐川氏が国税庁長官を辞任したのも、さすがに近畿財務局の職員が自らこの世を去ったことで、もう逃げきれないって思ったんでしょうか。

亡くなった職員の遺書に森友事件の文書の書き換えが、佐川氏の指示であるといった具体的な内容が書かれてあるという噂ですが、遺族が遺書を公開したら、文書書き換えの問題が明るみになりますよね、

佐川氏が辞任したあと、麻生財務大臣は会見で

「国有財産行政に関する信頼を損なったことを踏まえ、減給20%、3か月の懲戒処分を実施する」

と話した。

今回の文書書き換えの問題がいかに大きな問題だったかを物語ってます。

公文書偽造は犯罪で、特に税金を扱う官僚がそれ指示するとなると信用が大きく失ってしまいます。

さらに麻生財務大臣は会見で

「私から佐川氏に対して、今後とも捜査当局による捜査や財務省が行う調査に対して真摯(しんし)に協力すべきこと。捜査や調査の結果次第では、さらに重い懲戒処分に相当することと判断される可能性も否定できないため、仮にそうなった場合には、退職後でも私の指示に従ってもらうことを申し渡し、佐川氏もこれを了承している」

とも述べてます。

今後の警察の捜査によって、逮捕者も出る可能性があります。

一つ気がかりなのは、佐川氏が近畿財務局の職員のようなことにはならないかと心配してしまいます。

政治家や官僚の起こした不祥事の結末って、キーマンが自ら?この世から去ることで問題があやむやになることがよくある。

そうならないために、辞任後の佐川氏を監視する必要がありますよね。

特に近くにいる家族は見守ってほしいですね。

佐川氏は年齢の割に若く見える

今回の辞任で佐川氏の年齢を初めて知ったのですが、60歳とのこと。

なんか若く見えますよね。

よく見りゃ、60歳かなって思えるのですが、国会で答弁してる時のイメージしかなかったので、年齢を知って驚いた次第です。

なんで佐川氏が若く見えるのか検証してみました。

どうでもいいことですけどね(笑)

佐川氏か年齢の割には髪の毛が黒々としていて、髪の毛も多いですよね。

うっすらと白髪も混じってますが、染めてはいないようです。

地毛で60歳でこれだけ髪の毛が多くて黒いわけですから、そりゃ若く見えるわけですよね。

顔も若干、童顔でもあるし、ぱっと見60歳には見えませんよね。

さて、今回の森友学園の文書書き換えの問題、さらに炎上が続きそうですが、ますます国会も停滞が続きそうです。

北朝鮮の問題など、やること山積みなはずなのに、いつまでこのようなことやってるんでしょうか?

さっさと終わらせてもっと重要な問題に取り掛かって欲しいです。

そもそも予算員会でやることでもないしね。






フォローする