ノーキー・エドワーズの病気は?死因は?

シェアする

ベンチャーズのギターリストのノーキー・エドワーズさん死去

60年代に日本にエレキブームを引き起こした立役者、ベンチャーズのギターリストのノーキー・エドワーズさん(82)が死去しました。

昨年12月に臀部を手術。

術後に感染症にかかっていたそうだ。

ノーキー・エドワーズさんは元々はベンチャーズにベーシストとして加入。

バンドメーンバーのギターリストのボブ・ボーグルの申し出により、ノーキー・エドワーズさんとパートを交代し、ノーキー・エドワーズさんがベンチャーズのギターリストに。

それからバンドの快進撃が始まったそうだ。

1968年にノーキー・エドワーズさんはベンチャーズを脱退。

その後は、バンドに戻ったり、抜けたりを繰り返した。

おそらくベンチャーズは副業的な音楽活動で、プライベートでの状況によって、バンドを抜けたのだと思います。

2016年に高齢と体力の低下により、最後の日本公演を行った。

60代、70代の人達には馴染みの深いミュージシャンですし、ショックを受けてる人も多いでしょうね。

ご冥福をお祈りします。




ノーキー・エドワーズは病気だった?

ノーキー・エドワーズさんが臀部の術後に感染症にかかっていたということですが、詳しい病名は明かされてません。

いくつかのニュースを確認したのすが、どういう病気で臀部の手術をしていたのかも不明。

臀部の手術って、考えられるのが、腰痛、坐骨神経痛、臀部の化膿、痔などありますが。

どれも高齢の方が患いそうなものばかりなので、ノーキー・エドワーズさんの病気もいずれかに当てはまるかもしれませんね。




ノーキー・エドワーズの死因は?

ノーキー・エドワーズさんの死因も詳しくは公表されてませんでした。

術後に感染症にかかっていた、ということなので、直接の死因は感染症になるんでしょうか?

高齢で免疫力も低下していたのだと思います。

感染症とは?

wikiには

寄生虫、細菌、真菌、ウイルス、異常プリオン等の病原体の感染により、「宿主」に生じる望まれざる反応(病気)の総称

と書かれてました。

感染症と言っても、人のあらゆる部位、器官で感染症は発症します。

ノーキー・エドワーズさんの感染症は術後の傷から感染症になり、死に至ったと考えるほうが自然ですね。

やはり高齢で免疫力が低下していたことも、影響してるかもしれません。

ご冥福をお祈りします。






フォローする