神いっきの生い立ちや両親、兄は?

シェアする

「 声優のアイコ」こと神いっき が10年の懲役確定

数年前に「声優のアイコ」という人物が昏睡強盗をした事件を覚えていますか?

「声優・舞台女優をやっているアイコです」

と言って言葉巧みに男性をナンパし昏睡強盗を犯した女性です。

元々は女性なのですが性同一性障害を持っており中身は男性です。

彼女が昏睡強盗を行うときは女性に扮して男性に近寄り睡眠薬入りのお酒を飲ませて眠っている間に金品を奪うという手口です。

当時とても話題になりましたよね。

女性が行った犯罪ではありますが実は性同一性障害を持った女性で中身は男性という人物が犯した犯罪。

犯人のキャラクターがとても注目され一躍ネットなどでも取り上げられましたね。

彼女(彼)の実刑が昨日決まったようです。

懲役10年。

結構重いですね。

人を殺めたわけではないのですが10年です。

重いと思うか、軽いと思うか人それぞれだと思うのですが、正直なところ懲役10年という判決を知って驚きました 。




神いっきの生い立ち

「声優のアイコ」とは偽名で本名は「神いっき」といいます。

彼女(彼)が自分が他の人達とは違うことに気がついたのは小学校の頃のようです。

体育の授業の着替えで女の子に混じって着替えている自分に違和感を感じたようです。

中学に入った頃になると自分のアイデンティティというものが表出してきたのか、女子生徒と同じ制服を着ることに戸惑いを感じていたようです。

中学校に登校する時は制服を着ることもなくジャージーで投稿していたようです。

中身は男性なわけですからスカートを履くことにとても違和感を覚えていたようですね。

高校にも入学したようですが性同一性障害と言う問題から学校に馴染めず高校1年の時に学校を辞めています。

そんな彼女(彼)も学校辞めた後に女性として就職したようですか、こちらも性同一性障害という問題からとても苦労をされたようです。

女性から触られた時に不快感を感じパニック障害になったようです。

ストレスからその後の彼女(彼)は お酒に走るようになり荒れた生活になったようですが 20代の前半に自分が性同一性障害であることを認めることができるようになり随分気持ちも楽になったようです。

その間、睡眠薬による自殺未遂を起こしています。

彼女(彼)の自殺未遂は一度ではなく何度も繰り返されたようで睡眠薬の服用、リストカットなども繰り返されたようです。

そして彼女(彼)は自分の気持ちに逆らうことなく男性になることを決意。

乳房を除去。

丸みを帯びた女性の体型を変えるが如く男性ホルモンの注射をするようになったようです。

彼女(彼)の生い立ちをネットで調べてるうちにとても悲しい気持ちになりました。

子供の頃から強いストレスに日々さらされた生活を送っていたようです。

神いっきの両親。

神いっきの両親について調べました。

彼女(彼)の父親はとても喧嘩っ早い気の短い人だったらしく神いっきも子供の頃に虐待を受けています。

小学生の頃になんと鉄アレイで頭を殴打されたりしたようです。

その後も首を絞められ殺されそうになったこともあるようです。

信じられない父親ですよね。

彼女(彼)の人格形成の上で父親の存在というものはとても大きかったのではないでしょうか。

それは良い意味ではなく悪い意味で。

父親は暴力だけでなくギャンブル、借金などの問題もあったようでとてもつらい思春期を送ったようですね。

父親とは正反対で彼女(彼)の母親はとても常識的なやさしい人物で、神いっきも母親のことが大好きだったようです。

父親のギャンブルや借金に耐えながら働いている母親の後ろ姿に彼女(彼)は心を打たれていたようです。

とても辛い生い立ちの神いっきではありますが、母親との関係を知って少しほっとしました。




性同一性障害の神いっきが妊娠?

さて、神いっきにまつわる話でとても話題になったことがあります。

彼女(彼)の裁判中に分かった事なのですが、 なんと裁判中に妊娠していたようです 。

その時すでに妊娠6ヶ月。

神いっきは出産することを決意しました。
驚きですよね。

中身が男のはずなのですが妊娠していたわけです。

そしてもう一つ驚くことに彼女(彼)の父親については分からないそうです。

普通は行為を行った相手というのは覚えてるはずですよね?

特に彼の場合は性同一性障害というハンディを持っているわけですから行為の対象は通常女性なはずですが・・・。

しかし、男性と行為に及んで妊娠していたわけです。

それも相手の男性を覚えていないらしい。

世の中にはいろんな性癖を持った人もいますのであれなのですが、バイセクシャルだったのでしょうかね。

ちなみに彼女(彼)の犯罪は多重人格が引き起こした犯罪という事で弁護されていたようです。

しかしながら懲役10年が確定した時には 東京地裁は弁護側の言い分の退け「平素の人格が女装して犯行に及んだ」と判決。

そして二審東京高裁もそれを支持した、ということで懲役10年が確定しました。

神いっきは出産をし現在は父親であります。

刑に服した後には出産した後は子供とどういうコミュニケーションを取っていくのでしょうかね。

生まれた子供も複雑ですよね。

重い業を背負って生まれてきた子供かもしれませんが、色々な重圧に負けることなく健やかに育ってほしいですよね。

世の中には壮絶な生き方をしてきた人たちがいるものです。

神いっきも父親になり責任というものを感じていることでしょう。

なんだかドラマのような話ですが本当の話です。

罪を償って幸せな生活を送ってもらいたいものです。

それと神いっきには兄がいるそうですが、ずっと会っていないようです。

短気で暴力を振るう父親に嫌気がさし家から離れていったのかもしれませんね。