小笠原早紀 声優が舌癌!腫瘍切除で仕事の復帰が絶望!?

シェアする

声優の小笠原早希が舌癌ステージ1を告白

声優の小笠原早希さんがツイッターで舌癌でステージ1であることを告白されました。

治療に専念するということでしばらく休養とのこと。

最近は若い人の癌が多いですよね。

先日も女性のプロゴルファーも若くして亡くなってます。

舌癌といえばタレントの堀ちえみさんも2月に舌癌の手術をされてます。

堀ちえみさんは確かステージ4でした。

癌でステージ4というと末期癌というイメージですが、舌癌って「ステージ4=末期」っていうわけでないようで、生存率もかなり高め。

堀ちえみさんの現在は毎日ブログを更新されていて、かなり回復されて元気になられて普通に日常生活を送っておられます。

小笠原早希さんはステージ1ということで堀ちえみさんの症状よりはかなり軽いと思いますが、声優ゆえ治療後に仕事に復帰できるのか気になるところですね。




小笠原早希、舌癌切除で仕事の復帰が絶望?

小笠原早希さんの舌癌は早期に発見されたようです。

しかし、治療の内容によってはその後の声優のお仕事のほうへの支障が気になるところ。

ステージ1の舌癌の治療は?

ステージ1の舌癌の治療ってどういうものなのか調べて見ました。

舌癌のステージ1とは?

ステージ1:腫瘍の大きさが2cm 以下でリンパ節転移がない場合

とのこと。

ステージ1の治療は舌を切除する手術治療で

腫瘍の大きさ、深部浸潤の程度によって、切除範囲が決められます。切除範
囲が多いと機能障害が高度になるため、再建手術を併用します。

舌部分切除は、ステージ1、ステージ2の早期の場合に行われます。大きな機能障害が残らず、再建手術も不要です。

とのこと。




小笠原早希さんはステージ1なので術後は「大きな機能障害が残らず、再建手術も不要」ということなので、術後しばらくすれば普通に食事したり、話すこともできるようですね。

手術後に声の質や呂律が違ったりすることもあるかもしれませんが、切除する範囲も少ないのでリハビリなどしっかりすれば声優のお仕事も問題ないかもしれません。

舌癌で舌の切除手術と聞くと今後の声優のお仕事への復帰が絶望的でヤバイのでは?って悲観的に思ってしまうのですが、小笠原早紀さんは治療に専念してきっとファンの前に戻って来てくれるでしょう。

声優という声のお仕事をされているのに舌癌って神様も大変な試練を小笠原早希さんに与えたものです。

小笠原早希さんは青森出身で、声優・俳優・お笑いタレント・歌手・アナウンサー・レポーター・ナレーター・ダンサーなどを育成する専門学校東京アナウンス学院を卒業されてます。

声優になりたくて専門学校に行くぐらいだから、声優という仕事に対する思いも強いでしょうし、きっと試練を乗り越えて元気な姿を見せてくれるでしょう。






フォローする