落語家の山遊亭金太郎が死去 死因は?お通夜はいつ?場所は? 前職がヤバい?

シェアする

落語家の山遊亭金太郎が死去 死因は?

落語家の山遊亭金太郎さん(63)が17日に亡くなったそうです。

死因は急性骨髄性白血病でした。

昨年の8月から骨髄異形成症候群を患って体調を崩した山遊亭金太郎さん。

今年の2月に家族からの骨髄移植で回復を見せてましたが、今年の6月に急性骨髄性白血病になったそうです。

入院先の病院でも病院の関係者や同じ患者さん達に向けて落語会をするなど闘病中の病院でも生粋の落語家でありました。

ご冥福をお祈りします。




山遊亭金太郎のお通夜はいつ?場所は?

お通夜・葬儀の日時は?

通夜は9月24日午後6時

葬儀・告別式は9月25日午前10時半から

場所は?

場所:千葉県我孫子市我孫子1の14の10

アビコセレモア

電話:0120-454-442

喪主は妻のきよ子さん。




(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

山遊亭金太郎の前職が自衛隊員!?

山遊亭金太さんの前職がなんと陸上自衛官とのこと。

落語家っていうと遊び人のイメージがあるのですが、山遊亭金太郎さんは元自衛官っでとても真面目な方だったのでは?と思われます。

それと東日本大震災発生の時は予備自衛官として、復興支援にも従事したそうです。

山遊亭金太郎のプロフィール

本名:佐藤 敏弘

生年月日:1956年6月4日

出身地:山形県小国町

師匠:2代目桂小南

得意な演目

ぜんざい公社
ねずみ穴
肝つぶし






フォローする