左とん平の賭博で逮捕歴 猪八戒の評判は悪かった!

シェアする

左とん平さんが死去

左とん平 賭博

24日の午後3時に俳優の左とん平さんがお亡くなりになりました。

享年80歳。

死因は心不全とのこと。

昨年の6月に心筋梗塞で倒れて、急性心筋梗塞の手術を受け闘病中だった。

昨年の10月には呼吸器を外し、自分で呼吸ができるようになり、回復の兆しを見せいていたそうです。

葬儀、告別式は近親者で行うとのこと。

こんどは左とん平さんがお亡くなりになりましたね。

つい先日、大杉漣さんがお亡くなりになったばかりです。

左とん平さんと大杉漣さんはの共通するのは名バイプレイヤーというところ。

お二人は芸能界でも特異な俳優でした。

こうも立て続けに名優がお亡くなりになると、とてもさみしいですよね。

ご冥福をお祈りします。




左とん平は賭博で逮捕歴あがある?

左とん平さんは過去に3度の逮捕歴があります。

その逮捕歴とは賭博です(笑)

左とん平さんって見るからに博打好きに見えますね。

最初に捕まったのは1976年。

その後も賭博で2度逮捕されるなど、無類の博打好きだったようです。

本人がその後話したことに、過去に博打で負けた額が数億円に上るとか・・・・

俳優で稼いだお金の多くを賭博に注込んでいたようですね(笑)

昭和の芸能人だから破天荒な人だったのかも。

賭博だけでなく、酒、女に多額のお金が消えていったのでしょうか?

しかし、3度も賭博で逮捕されるって、ほとんど病気ですよね。

今の時代だったらギャンブル依存症で家族から心療内科に通わされるかもしれませんよね。




猪八戒の評判は悪かった!

さて、左とん平さんといえば、大人気ドラマ「西遊記」の猪八戒役が有名。

元々の猪八戒役は西田敏行さんでした。

しかし、西田敏行さんスケジュールの都合が合わなくなり、左とん平さんが猪八戒の役をすることに。

しかし、左とん平さんの猪八戒役が当時は評判が悪かったのです。

西田敏行さんの猪八戒役があまりにもはまり役で、後から演じた左とん平さんはかわいそうなくらいでしたけど。

わたしはリアルタイムで「西遊記」見てました(笑)

年齢がばれますね(笑)

猪八戒役が西田敏行さんから左とん平さんに交代した時のこと、何となく覚えてますね。

ものすごく違和感がありました。

西田敏行さんの猪八戒がほんわりした柔らかいずるがしこい雰囲気がありましたが、左とん平さんの猪八戒には、リアルな大人のずるがしこさの雰囲気がありましたね。

そのリアルな大人のずるがしこさのイメージがどうにも子供の自分には受付なかった(笑)

今だったらユーチューブなんかで過去の左とん平さんの猪八戒は、全然問題なく見れるんですけどね。

当時子供だった、自分には左とん平さんって大人の汚れた部分が見え隠れして見えましたね(笑)

実際に左とん平さんは猪八戒を演じてる時に賭博で逮捕されてるんですけど(笑)

なんかこういう破天荒なところが昭和の俳優さんだなぁって思います。

今だったら許されないですよね。

当時は芸能人の不祥事にも世の中は甘かったんですよね。

今思うと、いろんな役をこなせる左とん平さんの俳優としての力量って凄かったですよね。

大杉漣さんもそうでしたが。

そして、お二人がお亡くなりになった死因も心筋梗塞が絡んでますよね。

名売プレイヤーが同じ病に倒れて旅立ちました。

なんだか感慨深いものを感じます。

ご冥福をお祈りします。






フォローする