東電元副社長と関係があった被災地運動家Aの顔画像、身元が特定

シェアする

東電元副社長と被災地の活動家の女性が不倫?

何やら文春さんがまたまたスクープ記事らしい。

今回は元東電の副社長の石崎芳行氏(64)です。

なんでも、2015年に福島県の震災の復興に携わる被災地の活動家の50代の女性と関係があったとのこと。

1年半ほどの交際期間があり、その後2人は破局。

が、そこで終わることがなかったのです。

あろうことか、被災地活動家の女性は石崎芳行氏に口止め料、精神的慰謝料と称して5000万円を要求したそうです。

その時のメールを石崎芳行氏は文春で公開しました。




内容は

「お元気そうですね。
12月25日までに「誠意」を見せていただけると、弁護士、文春、フライデーに待ったかけられますけど、いかがなさいます?」

「口止め料、精神的慰謝料5000万円で手を打ちましょう。」

「未来永劫を考えたら、安いお値段だと思います。
現在のあなたなら、できる範囲です。私の一言とで・・・・」

お二人の間でどういう事があって別れたかは、文春の記事を見ないとわかりませんが、不倫関係の精算に5000万円のお金を要求するのは、なんかえげつないですよね。

ひょっとして、お金目的で活動家の女性は石崎芳行氏に近づいたのかな?と思えてきます。

石崎芳行氏に請求する額が額だけに。

石崎芳行氏は被災地運動家の女性の法外な口止め料の請求に半年間、悩んだ末になんと東電を退職。

そして文春から取材が来たことを期に、女性との関係を洗いざらい話したとのこと。

石崎芳行氏は

「会社や家族、被災地の方々にご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

と話してます。

はあの福島の震災で、原発の事故から会社の責任問題もある中、石崎芳行氏の活動家の女性との不倫関係は、東電にとってはかなり厄介な問題でもあります。

石崎芳行氏は副社長の身でありながら、会社を退職して事態の収拾を図ろうとしたようですね。

しかし、互いの意志で不倫関係になっておきながら、5000万円の口止め料は悪意さえ感じますが・・・・。




被災地運動家の女性Aの身元が特定?顔画像は?

さて、石崎芳行氏の関係を持った活動家の女性って誰だか気になりますよね?

文春のスクープの告知記事の文章にヒントが隠されてました。

・年齢は50代。

・福島や東京を拠点に、被災地支援の活動を精力的に行う運動家

・A子さんが主宰する団体の活動はマスコミに度々取り上げられ、震災復興に尽力したとして、「日本復興の光大賞」を受賞した

福島の復興の活動団体で「日本復興の光大賞」を受賞したのは「ベテランママの会」という団体です。

ベテランママの会を主催するのは、この女性です。

メディアにも取り上げられてるので、女性の顔画像をさがすのも容易です。

ああ、前川さんと一緒に写真写ってますね・・・・

被災地活動家の女性ってひょっとして左側の活動家の方ですか?

これは、かなり問題が大きくなりそうなスキャンダルですが・・・。

しかし、石崎芳行氏より活動家の女性の方がダメージ大きいですよね。

石崎芳行氏に文春の取材があったのも、活動家の女性が垂れ込んだからだと思うのですが、結局のところ活動家の女性の身元もバレてしまうわけで・・・。

石崎芳行氏も5000万円という法外な口止め料を払うくらいだったら、二人の関係を洗いざらい話すことにしたのでしょうね。

そのほうが潔いと思います。

しかし、石崎芳行氏も脇が甘かったですね。

不倫そのものがアウトですし、ご自分の立場を考えると特に被災者の女性と不倫関係を持つのはどうなのかと思いますが・・・・

文春さんも石崎芳行氏の相手の女性がすぐに特定できそうな、ヒントまで書いちゃってるので、あっという間に拡散されてしまいますよね。

ネットで情報収集してる時に見つけた記事です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikoichiro/20151201-00052025/

これがきっかけでお二人は不倫関係に発展したのでは?

石崎芳行氏と活動家の女性とのスキャンダルですが、今後の動向が気になりますね。






フォローする