ウェットティッシュ アルコールとノンアルコールの違い どっちが良いの?

シェアする

最近では100円ショップでも品数が豊富なウェットティッシュ。

日常的に使用頻度の高いものなので100均でも売れ筋商品です。

さて、ウェットティッシュはアルコールのものとノンアルコールのものがあります。

品数も多い上にアルコールとノンアルコールのものがあったら、違いやどっちを使えば迷う方も多いかと思われます。

簡単にざっくりとわかりやすくご紹介しましょう!




ウェットテイッシュのアルコールとノンアルコールの違いは?

簡単に言いますとアルコールが使用されてるのかアルコールが使用されてないかの違いであります。

違いといいますと、アルコールのほうが除菌作用が強いです。

アルコールのウェットティッシュはアルコールが含まれてる分、若干刺激のある臭いがあります。

ノンアルコールのウェットティッシュはアルコールのものに比べて除菌作用が弱く。

臭いはするものの刺激臭はありません。

無臭の商品もあります。

それと値段はアルコールのもののほうが若干高めですね。

ざっくりと違いを説明すればそんなところでしょうか。




アルコールとノンアルコールのウェットティッシュ、使うんだったらどっち?

アルコールのものとノンアルコールのものがあるウェットティッシュですが、どちらを使用するかは使い分けたほうが良いでしょうね。

デリケートはお肌などに使用するんだったらノンアルコールが良いでしょう

アルコールは除菌作用が強い分、肌への刺激が強いです。

デリケートな部分の顔や陰部に使用するのは控えたほうが良いですね。

アルコールのものは手など拭くのは良いと思いますが。

ノンアルコールのウエットティッシュでも除菌作用がありますがアルコールのものに比べると弱いです。

小さな子どもさんや、デリケートな肌などに使用するんだったら、ノンアルコールのものが良いです。

強い除菌を望むんだったら断然アルコールのウェットティッシュですね。

雑菌が気になるモノだとか、汚れた手や指などに使用するのに適してます。

アルコールのウェットティッシュは肌への除菌作用が強い分、刺激も強い。

子供やデリケートな肌への使用は控える

ノンアルコールのウェットティッシュは肌への刺激が弱い分、除菌作用も弱い。

普段使いに最適。デリケートは肌や子供への使用もOK

関連記事:ウェットティッシュのノンアルコールは顔や陰部でも使える?

そのことを踏まえてどっちを使えばいいかで選べばいいわけです。






フォローする