星野仙一は韓国人?在日説はデマだった?

シェアする

早朝に名将、星野仙一さんの訃報が届いた。

あまり野球に興味のない自分でもちょっと驚きました。

低迷する中日、阪神、楽天をリーグ優勝、日本一にまで押し上げた名監督。

野球に興味がなくても星野仙一さんの功績は嫌でも耳に聞こえてきます。

改めてご冥福をお祈りします。

ネットで星仙一さんの軌跡を追ってると、星野仙一さんが在日韓国人というキーワードが浮上。

在日韓国人説が出回っていたので検証してみました。




星野仙一は韓国人?

プロ野球の世界って在日韓国・朝鮮の方が多いことは良く知られてます。

日本野球界の歴史を作って来た名選手が在日の方だったということはよくあること。

読売ジャイアンツの王選手が在日中国人であることは有名だし、張本選手が在日韓国人であることは知られてますし、ご本人たちも隠してません。

ここ数年、ネットが普及してからというものの、ネット界隈で在日認定と言うものが普及してしまいました。

有名人を根も葉もない情報だけで、在日認定するということがネット界隈で頻繁に行われます。

韓国のネット界隈も日本人の有名人を勝手に在日認定することも有名ですよね。

さて、亡くなられた星仙一さんも在日認定されたその一人です。

まぁ、プロ野球選手ということもあるだろうし、あの男気や気性の粗さから、なおさら朝鮮半島の人だと思われたみたいです。

そして、「星野」という名前も在日の方が良く使う名前らしいということから、在日認定されちゃったみたいです。

2ちゃんねる系のサイトに「大ショック!星野仙一は在日だった!!」といったスレッドを2008年あたりに立てられてますね。

書き込み見てると、あたかも星野仙一さんが在日韓国・朝鮮人かのように書かれてますね(笑)




在日説はデマだった?

星野仙一さんの生い立ちを調べると、在日韓国・朝鮮人ではなく、日本人だということがわかります。

父親は1898年に兵庫県の神戸市生まれ。

姓は「正田」(まさだ)。

母親は1912年に愛知県幡豆郡に生まれ。

姓は「星野」。

両親ともに生家の跡継ぎだったために入籍はしていないそうだ。

しかし、最後に生まれた子供に「星野」の姓を継ぐという条件で結婚を許されたとのこと。

星野仙一さんには二人の姉がいますが、二人の姉は父方の「正田」を継ぎ、最後に生まれた星野仙一さんは結婚条件通りに母方の「星野」の姓を継いだとのこと。

星野仙一さんの生い立ちを紐解くと、在日韓国人ではないことがわかります。

つまり、星野仙一さんの在日説はデマだったということです。

ネットが普及する以前から星野仙一さんの在日韓国人説はあったと思うのですが、ネットが普及して在日韓国人説が、広く拡散されたようです。

まとめ

在日認定って、韓国側からの認定と日本側からの認定もあるので、ネット社会になると一度認定されてしまうと、一気にネットで拡散されてしまいます。

韓国側、日本側の在日認定、いずれもバカバカしいものですよね。

ちなみに在日韓国・朝鮮側の在日認定もあるそうですよ(笑)

日本側には差別意識を含んでますが、韓国側や在日韓国・朝鮮側では強い民族意識から、日本人の有名人や優秀な政治家なども朝鮮人と認定する傾向にあるのだとか。

日本人なのに知らず知らずのうちに朝鮮人という認識が広がるのも困ったものですね。






フォローする