奥村チヨは韓国人ですか?韓国父の存在は?

シェアする

奥村チヨ 韓国人

年内で引退を発表した奥村チヨさん(71)。

デビューは1965年。

結婚後に6年ほど一時的に引退期間はあったものの、デビューしてから50年以上たっております。

現役で現在も活動されてるのはすごいですね。

さて、奥村チヨさんには韓国人という噂ががあります。

ネットで検索すると「父韓国」というキーワードが出現。

奥村チヨさんって韓国人ですか?




奥村チヨは韓国人ですか?

奥村チヨさんは韓国人なのかというと、そのような明確な情報はありません。

過去に奥村チヨさん自身もカミングアウトされたといった事実もありませんし。

しかし、「奥村チヨ」と検索するとなぜか「韓国人」というキーワードが浮上。

「奥村チヨ 在日」、「奥村チヨ 韓国人」といったキーワードで検索すると、奥村チヨさんの在日韓国人では?という噂が書かれたサイトがひっかかるだけで、明確な「韓国人である」という情報は見つからず。

奥村チヨさんって、スレンダーで無茶苦茶スタイルもよく、日本人離れしてきれいだし、そこから奥村チヨさんが「日本人ではないのでは?」っていうことで、「奥村チヨ 韓国人」といったキーワードで検索する人がいるんだと思います。

韓国とか中国の方ってスタイルのいい女性も多いし、足も細くて美脚の女性も多いですよね。

奥村チヨさんの韓国人父?

奥村チヨさんで検索してると「奥村チヨ 韓国父」というキーワードも出現。

気になったので調べてみました。

奥村チヨさんの出生地は千葉県野田市です。

出身は大阪府池田市。

奥村チヨさんの両親についての情報をネットで探したのですが、国籍などの情報は一切出てきません。

すでに両親は他界されたそうです。

奥村チヨさんの出生が千葉県なので、奥村チヨさんの両親は元々関東の方の可能性もあります。

奥村チヨさんの韓国人説は、在日韓国人の多く住む「大阪出身」であることも由来するのかもしれませんよね。

ちなみに奥村チヨさんの本名は「奥村 智代」です。

半島出身の方が好むような名前ではないので、奥村チヨさんの韓国人説は単なるうわさの範疇だと思います。




奥村チヨの旦那の浜圭介は満州出身

奥村チヨさんは1974年に作曲家の浜圭介さんとご結婚されてます。

浜圭介 奥村チヨ

浜圭介さんの出身は満州。

旧満州(中国東北部)の収容所で生まれたそうです。

本名は「金野孝」さんです。

奥村チヨさんの本名は「金野」性です。

そこからも奥村チヨさんが韓国人では?という噂に繋がったのかもしれません。

奥村チヨさんの旦那さんの苗字が「金野」ということなので、半島の人が好みそうな通名みたいな名前なので、なおさら韓国人説が噂されたのかも。

そもそも、旦那さんの浜圭介さんが収容所で出生してることから、浜圭介さんの両親は終戦後に当時、満州に住んでいた日本人がなのだと推測できますね。

つまり収容所で生まれたってことは旦那さんの浜圭介さんも日本の方だと思います。

しかし、芸能人と言えば「韓国人」、という噂がすぐに拡散されてしまいますよね(笑)

私の推測ですが、奥村チヨさんの韓国人説って、やっぱりあのいつまでも若々しくキレイなところと、日本人離れしたプロポーションから、「日本人ではないのでは?」という疑問が生まれ、奥村チヨさんの韓国人説が噂されたのでは?って思います。

しかし年内で奥村チヨさんも完全引退するということです。

現在71歳ということなので、引退後は夫の浜圭介さんとのんびりされるのでしょうね。






フォローする