堀ちえみ 手術は失敗?成功?結果がヤバイ!

シェアする

2月19日に自身のブログで舌癌でステージ4であることを公表した堀ちえみさん。

そして2月22日には舌の6割を切除し太腿の組織を取り舌の再建手術、そして首のリンパに転移した癌の切除するという11時間に及ぶ大手術をしました。

癌の進行がステージ4ということで、多くのファンから心配されていた堀ちえみさんですが、手術後の結果が気になるところ。

ネットで調べて見ると「手術 失敗」とか「手術 成功」といったキーワードが浮上。

やはり気になる人達が多いようです。

術後の現在の堀ちえみさんの状況を調べてみました。




堀ちえみさんの舌癌の手術の結果がヤバイ?

さて、堀ちえみさんの手術が2月22日に終了して2週間ほど経ちました。

現在はICUから一般病棟へ移っています。

手術を終えた堀ちえみさんですが、病室からボチボチと公式ブログを更新されてます。

そして公式ブログから術後の結果が見えて来ました。

2月28日のブログから

首のリンパの腫瘍を、
取り除く手術をした際に、
同時に喉を切開して、
そこで呼吸をしている状態でした。

昨日までは空気を、
鼻から出す事が出来ず、
切開した喉の方へ。

そうした事から、
声を失った状態でした。

それを昨日の午前中、
声が出るように施して頂きました。

もちろん話す事はまだ出来ませんが、
実際に自分の声を聞いて、
とても安心しましたし、
何よりも嬉しかったです。

と綴っておられました。

かなり大掛かりな手術をされたようで、けっこうヤバイ状況のようですね。

11時間に及ぶ大手術の結果が見て取れますね。

主治医から

「独り言でもいいので
なるべく喋ってください」

と言われてるそうで、早くもリハビリのスタートのようです。

そして3月6日のブログでは

嚥下(飲み込み)チェックが、
ありました。

レントゲンで見ながら、
しっかりと飲み込めているかを、
チェックします。

三段階ぐらいの、
とろみがついた液体を、
口に入れてゴックンなんですが…

こんな簡単な事が、
とても難しいのです。

今回の手術で舌の6割を切除して、
太腿の組織を舌に移植しました。

右側の残った舌を上手く動かして、
喉に持っていくのです。

そしてゼリーが出てきました。

これなら大丈夫だろう。

そう思って右側の舌の奥に入れました。

が…

無残にもゼリーは、
喉の奥に行くまでに、
グシャっとなって、
舌の上で行き場を失い、
飲み込むまでに至りませんでした…

と綴っておられました。




ほんと、大変そうです。

舌の6割を切除し太腿の組織を舌に移植する再生手術をした堀ちえみさん。

現在は食べ物を飲み込むこともままならいない状況のようです。

そんな自身の状況を

ゼリーを食べられる!
と期待していたけど。

味わうどころか、
食べる事すら出来なくなっている状況に、
ショックを受けました。

それと同時に、
今回のリハビリの長さが、
想像出来てしまい愕然としました。

口から物を食べるという事が、
遠い未来の物となってしまいました。

と綴っておられました。

手術前には舌にできた腫瘍で、食べる時やしゃべる時も痛みがあったそうで、とても辛い思いをされたそうです。

腫瘍を大手術で取り除いた現在も大変かもしれません。

今後のリハビリもな大変かもしれませんが、術前に比べたら未来もありますし前向きにリハビリに専念されて、また元気な姿を見せてほしいですよね。

堀ちえみさんの手術は成功?失敗?

ネットで堀ちえみさんのことを検索して術後の情報収集してると「手術 成功」とか「手術 失敗」といったキーワードが出現します。

堀ちえみさんの公式ブログを見てると、術後2週間経った現段階でリハビリが始まりつつあるようなので、手術の失敗っていうことはないのではないでしょうか。

11時間に渡る大手術をしたこともあり、どうしても術後の結果が気になるところですが、

3月6日のブログの最後に

今日から始まるリハビリを、
一歩ずつ一歩ずつ。

焦るけど焦らず。

出来なくて当たり前。

生まれた時も最初から食べ物を、
口にする事は出来なかったのだから。

もう一度、
生まれ変わっただけ。

と綴ってるところを見てると、現在は手術が成功し「リハビリ」という次のステップに進んだようです。

リハビリを乗り越えて再びテレビで元気な姿を拝見したいですね。

応援してます。